ダーツ,上達,練習法

ダーツ上達,練習法「知野真澄式」DVD

※半年~一年投げても、Aフライトになれない方へ 半年でAフライト 8か月でカウントアップ1,000点 僕がやってきた、誰にでもできる「練習法」 最短距離でAフライトになりたい方へ ダーツ上達,練習法「知野真澄式」DVD

もしあなたが
「半年~一年もダーツを練習しているのに、Cフラ、Bフラ止りだ」

とお悩みなら、このホームページはとても役に立つと思います
何故なら

ダーツを始めて「8か月でカウントアップ1,000点」を超えた
とてもシンプルな、ある「練習のやり方」

をお伝えするからです

まずはコチラの動画をご覧ください
たった3分弱の動画ですが、僕がやってきた上達のヒントがたくさん公開されています。

↓クリック↓

ちなみに、1,000点を達成したときは、カードを持っていませんでした
カウントアップ1,000点は、少なくともAA以上はあるはずです

Aフライトには、半年くらいで達成していたと思います

急にそんなこと言われても、普通は信じられませんよね

しかし、現在はプロダーツプレイヤーとして
たくさんの賞を頂くまでになっているのは、紛れもない事実です


はじめまして!知野真澄です!

はじめまして!
プロダーツプレイヤーの「知野真澄」です

現在はDMCのプレイヤーとして活躍しています

たくさんの大会で賞を頂いていますので
僕をご存じの方もいらっしゃると思います


知野真澄プロフィール

知野真澄氏 画像弱冠22歳ながら2010年にはD-CROWNに於いて5度のシングルス優勝。年間ランキングでも2位に。
今後の日本ダーツ界を代表していくであろう若手No.1プレイヤー。

名前 知野 真澄(チノ マスミ)
愛称 MASUMI
生年月日 1987/9/28
ダーツ歴 2003年?
出身地 東京都
スポンサー DMC / L-style / Tres Flechas / Cafe Bamboo

バレル Sabre ACUTE (DMC)
シャフト SILENT EXショート(LARO)
フライト L Flight (スリム)
チップ ACUTE TIP (DMC)
ユニフォーム Biscuit
ケース アジリティーケース(DMC)

2012 D-CROWN 開幕戦 in 東京【Grade1】 シングルス準優勝
2012 D-CROWN 最終戦 in 仙台 シングルス準優勝
D-CROWN 第25戦 in 北海道 シングルス準優勝
D-CROWN 第24戦 in 広島 シングルス優勝
D-CROWN 第16戦 in 福岡 シングルス優勝
D-CROWN 第14戦 in 名古屋 シングルス準優勝
D-CROWN 第12戦 in 香川 シングルス準優勝,ダブルス優勝
D-CROWN 第10戦 in 神戸 シングルス優勝
D-CROWN 第2戦 in 岡山 シングルス,ダブルス優勝
2010 D-CROWN 第24戦 ADAJ THE FINAL シングルス優勝
D-CROWN 第20戦 Hanshin Darts Tournament ダブルス優勝
D-CROWN 第19戦 D-1 HIROSHIMA ダブルス優勝
D-CROWN 第18戦 D-1 NAGOYA シングルス優勝
D-CROWN 第16戦 D-1 SENDAI ダブルス優勝
D-CROWN 第15戦 DMC CLASSIC 2010 シングルス優勝
D-CROWN 第14戦 D-1 MATSUMOTO シングルス優勝
D-CROWN 第12戦 ADAJ FUKUOKA ダブルス準優勝
D-CROWN 第11戦 D-TOUR in EHIME シングルス,ダブルス優勝
D-CROWN 第10戦 TIGA GRANDPRIX TOURNAMENT ダブルス優勝
D-CROWN 第6戦 in ADAJ KYOTO シングルス優勝
D-CROWN 第5戦 KOBE STYLE シングルス優勝
2009 D-CROWN in ADAJ the FINAL 2009 PRIDE  シングルス優勝
D-CROWN in Hanshin Darts Tournament Final シングルス優勝
Steelers ファイナル Men's優勝
2008 burn.JAPANTOUR 2008 GRANDFINAL 出場

小熊恒久プロフィール

小熊恒久氏 画像言わずと知れた、日本ダーツ界の第一人者であり 伝説のプレイヤーと語られる。
ダーツ指導歴は実に40年以上の実績を誇る、大ベテラン。
数々の世界大会に出場し、10年連続日本代表の偉業を成し遂げ 国内での大会でも数々の入賞経験を持つ。
今回は解説を担当する。

世界大会 1977年、ダーツの本場イギリスにて、第一回ワールドマスターズに日本代表。
1982年、JDA男子ランキング第一位。
ワールドマスターズ(イギリス)、タイオープン、
香港大会(4~5回)、フィリピン大会、ラスベガス大会、
台湾大会、パシフィックカップ(カナダ)に出場。
国内大会 日本選手権(3回優勝)、東京選手権(3回優勝)、
北海道選手権、山形選手権、秋田選手権他、多数の国内の大会にて優勝や入賞。

誤解を恐れずに言うと、僕は

「Aフライトになるまで、あまり苦労していません」
「Aフライト程度なら、誰でも簡単になれる」

と思っています

「簡単にAフライト?そんなばかな・・」

と、思われるかもしれませんが
その方法をこれから、このホームページで公開していきます!

申し訳ありませんでした

僕は先ほど

「Aフライトに簡単になれる」

と言ってしまいましたが

実は本当のことを言うと、ダーツを始めた最初の頃は
アウトボードばかりしていて、とても苦労をしていました

僕がダーツを初めて投げたのは高校生の頃でした

初めてダーツをやってみると
男性ならば、そこそこダーツボードには刺さりますよね?

もし刺さらないまでも
ターゲットのどこかには命中すると思います

しかし、私は違いました

ダーツの軌道はバラバラ、アウトボードだらけ
ターゲットに入っても、ダーツは刺ささらず、むなしく落下

僕は身長が180センチ以上あるので、比較的有利なはずです
それなのに、お店の壁を穴だらけにしていました

初心者の方と対戦をしても、もちろん全く勝てません

僕は負けず嫌いな性格なので
対戦で負けたことが悔しくて悔しくて仕方がありませんでした

「僕はセンスがないのかもしれない」「このまま練習しても、上達できないのかもしれない」

と落胆したこともありました

たった8か月でカウントアップ1,000点を達成しました

そして、数ヵ月後・・実は状況は一変し
僕は8カ月でカウントアップ1,000点を超えるまでに上達していました

8か月でカウントアップ1,000点を超えた!

どうして、背が高くて有利なのにダーツが刺さらなかった僕が
こんなに短期間に上達してしまったのでしょうか

もちろん、指で押していたわけではないですよ

それは・・
ある「練習のやり方」を実践してきたから、それだけです

僕は負けず嫌いな性格で、負けたことが悔しくて仕方なく

絶対に、いつかあいつに勝って見返してやる・・

と思いながら、毎日のように練習をし
ダーツの投げ方を思考錯誤して、色々と研究していました

そして、気が付くと、8か月でカウントアップ1,000点を
めでたく超えることができていたのです

僕のやってきた「練習のやり方」は正しかったのです

もちろんその「練習のやり方」は、僕にしかできない特別なことではなく
誰でもできる、とてもシンプルな方法です

「誰にでもできる、何て簡単に言うけど・・」

もしかすると、そう言いたくなるかもしれません

しかし、最初は全くダーツが刺さらなかった僕が
実際にプロにまでなれてしまったのです

最初から刺さらず、思うように上達しない時期が何度もあったので
間違いなく

僕が「ただ単にセンスが良かっただけ」
ではないということです

僕は決して、天才とか

僕がやってきた「練習のやり方」をあなたにもお伝えしたいです
何故なら、あなたも

「毎日練習しているのに、どうして上達しないんだろう」

と、自分なりに努力をされていると思います
あなたの悩みはとてもわかります

実はこのホームページは

  • ダーツを真剣に上達させたい人
  • 練習をしているのに、伸び悩んでいる人

にしかたどり着けないように
インターネット上で、色々と工夫をしています

そして、あなたは自分から積極的に行動し
その結果、このホームページを発見しました

しっかり行動をしている、そんなあなただからこそ
お伝えしたいと思っています

練習をしているのに、報われないと
ダーツをやっていても楽しさが半減してしまいますよね

ダーツは、普通に友達同士で投げていても楽しいものですが

毎日投げるたびに上達を実感するのは、とても気持ちがいいです
ブルやトリプルを連発するのは、本当に楽しいです
ダーツバーなどで、ギャラリーの視線がかなり心地よいです

トリプルベッド馬

その喜びをあなたにも味わって頂きます
それがこのホームページの目的です

「知野選手・・たぶん自分は無理だと思いますよ」

あなたはそう思いたくなるでしょう
あなた自身でも相当努力したでしょうから、無理もありません

僕の元には、このような悩みを持っている方に相談されます

  • 毎日相当な時間、投げ込んでいるのに、上達しません・・
  • 自宅のダーツボードやネットカフェのフリープレーでも練習しています
  • 自分で相当研究して思考錯誤しています、でも上達しない・・

しかし、様々な研究の結果

それがそもそも「遠回り」だったのです

※重要※ 練習量をこなせば必ず上達する!わけではない

僕はダーツを初めてから
8か月でカウントアップ1,000点を超えました

カードを持っていなかったので、確実ではないですが
Aフライトには、たぶん半年くらいだっと思います

当時僕は、学生でしたので勉強も部活もありました
ダーツの練習時間は限られていました

もちろん、ダーツが楽しくて仕方がないのと
負けたくないという気持ちで、かなり一生懸命練習しました。しかし

ダーツを初めてたったの半年です

何年もダーツをやっている方に比べたら
圧倒的に練習量と経験値は少ないと思います

それなのに、僕よりも練習量がとてつもなく多い人を
一気に追い抜いて、Aフライトまで駆け上がってしまいました

練習さえすれば誰でもダーツが上達すれば
全員Aフライトになっているはずです

  • 練習量をこなしても、上達しない人
  • 練習量は多くないのに、短期間に上達してしまう

この違い、それは

練習量ではなく「練習法」

ということに気付いたのです

1~20まで順番に入れる練習すればいいんでしょ?

「練習法」と聞くとみなさんは
以下のことを思うのではないでしょうか

  • 「上半分」「トリプルリングの内側」など、まずは範囲を大きく取って練習
  • 外側のシングルのみを入れる練習
  • 1~20順番に入れる練習(ラウンドザクロック、ローテーション)
  • 15~20のクリケットナンバーのみの練習
  • 苦手なナンバーの克服(18が苦手という方が多いようです)
  • ブルのみの集中した練習(通称ブルレン)
  • ダブルリングのみを練習する(上級者の方)

この練習方法はとても有名ですので
一度は誰でもやっていると思います

でも、この練習さえやれば誰でも上達するわけではありません
この練習方法をやっても、一向に上達しない人は多くいます

実は、これらの練習方法を

どういう方法で練習するのか
何を考えながら練習するのか

ということが重要で

「練習のやり方」次第で
上達のスピードが大きく違ってくる

ということがわかったのです

「練習のやり方」で上達のスピードは大きく違う!

自分のフォームを固めればいいんでしょ?

「フォーム」と聞くと、あなたは
以下のことを考えるでしょう

  • まずはプロの投げ方のマネをする
  • 体を動かさないように、力まずに、丁寧に投げる
  • 思考錯誤をして考えながら投げて、自分のフォームを固める


「こんなふうに、カッコよく投げられたらなー」

プロの投げ方は、誰でも一度はあこがれて
映像を見ながら、マネをしてみたことはあるでしょう

もちろんこの練習方法はとても良いと思います
僕も最初は、谷内太郎さん、安食賢一さんなどを参考に投げていました

ところが、この練習方法についても
誰でもやっているのに誰でも上達しているわけではありません

色々と考えながら、思考錯誤を繰り返すうちに
自分に合ったフォームが見つかる、という考え方もあります

もちろん、考えながら投げることはとても重要です
僕も本当に色々なことを考えながら投げました

あなたもグリップを変えたり、スタンスを変えたり
思考錯誤をしたことがあると思います

ところが、一生懸命に思考錯誤をしても
上達していない人は大勢います

実は、これらのフォーム固めや思考錯誤を

どのようにしてフォームを固めるのか

ということが重要で

「フォーム固めのやり方」次第で
上達のスピードが大きく差が付く

ということが、わかったのです。

どのようにしてフォームを固めるか、それが重要!

自分はフォームが確立していますが?

では、練習を重ねた結果、自分のフォームが
ある程度確立している方はどうでしょう

自分では「フォームを確立している」と言っていても
僕から見たら、まだまだといった方も多いですが
ここでは、本当にフォームが完全に確立しているものとします

もちろん、フォームが確立していない方よりは
上達も期待できますし、レベルも高くなっているはずです

ところが、とても安定したフォームで投げられていても
伸び悩んでいる人は、実はかなり多い
です。

「フォームは安定しているのに、どうして上達しないのか・・」
「かなり練習しているのに、まだ練習量が足りないのか・・」
「後は何をやればいいんだろう・・」
「やはりセンスがないのだろうか・・」

そういった人は、まだフォームが確立していない
思考錯誤の方よりも、むしろ悩みは深刻です

仮に、フォームが確立しているのに上達しないなら
その後は、間違いなく練習法のやり方です

自分のフォームに自信がある人は
練習をこなすのも、つい単調になりがちです

もちろん、フォームが確立した方でも

  • 1~20を順番に
  • 15~20のトリプル
  • ブルの練習

といった練習方法はとても有効です
現在もこういった練習をされているかと思います

ところが、フォームがある程度、固まった方には
それなりの「練習法のやり方」があります

フォームがある程度確立した方にこそ
「練習法のやり方」は非常に重要

ということが言えるのです

もちろん、そうでない方も
「練習のやり方」で、同じ内容の練習をするのにも

少ない練習量で、短期間に上達できるか、練習量を大量に積み重ねても、全然上達しないか…が分かれてくる

と言えるのです

じゃあどうやって練習すればいいの?

「じゃあ・・どうやったら上達するのですか?」

ハイ

以下のことを実践して下さい

1「練習のやり方」を知る 2それを普段の練習の時にやる 3そうすると、少ない練習量で短期間に上達する


これだけです。とても簡単です。

「いや・・簡単って言いますけど」

きっとあなたは信じられないかもしれません
今まで相当努力してきたあなたなら、なおさらでしょう

しかし、実際に私はこの練習法で
短期間に上達させて、今はプロになってしまいました

あなたもこれ以上
「ダーツが上達しない」と悩まないで下さい。

「知野選手、じゃあ具体的にどうすればいいのですか?」

はい、そこであなたのために

「練習方法を解説した、教則DVD」

を開発しました

「練習方法」といっても、難しいことは一切ありません
やることも本当にシンプルで、誰でも簡単に実践できます。

これがDVDの内容です

DVDの内容の一部を紹介します

「少ない時間」で「短期間に」上達するための最も大事な「気持ち」

あなたはダーツを練習しているとき、どんな「気持ち」「感情」を持って練習をしていますか。改めて感じてみて下さい。 その時の感情によって、上達のスピードが大きく変わるからです。僕がプロになった今でも最も気をつけている、練習の時の「気持ち」をお伝えします。

最も大事な気持ちを、自分で作り出す方法

「感情」はなかなかコントロールできません。しかし、ダーツの練習においては、ある方法であっさりと「理想の感情」を作り出すことが可能です。 その「感情」を手に入れれば、上達の最短距離を歩むことができます。

プレイヤーを「真似」する時のコツと注意点

あなたはプロのフォームを「マネ」するとき、どんなことに気をつけていますか。「かっこいいから」「入っているから」「安定しているから」という理由だけでは、 実は「あなたに合わないフォーム」をマネしてしまっている可能性があります。プロのフォームをマネするのは良いことです、しかし「プレイヤー選び」を間違えると、自分に合わない無理なフォームで 、なかなか入らなくなる可能性があります。僕が経験から導き出した「マネする時のプレイヤー選び」をお伝えします。

フォームを頻繁に変更することについて

上達に伸び悩んで「フォームを変える」。あなたもやったことがありますか。実はフォームを変えることは殆どは良いことがありません。しかしあなたはこう思うでしょう。 「自分のフォームは良くないと言われたから」「自分のフォームは良くなさそう」そう言って、あなたはまたフォームを変えるでしょう。僕が経験から導き出した「どうしてフォームを変えてはいけないのか」を お伝えします。フォームを変えることの「悪を理解」すれば、あなたはもうフォームを変える必要がなくなります。そうすることで、迷いがなくなり、迷っている間の時間が節約できるので 、短期間に上達するのです。

「シャドウ」の重要性、最大限に活用する方法

「シャドウ」「素振り」あなたは重要性を知っていますか。ただ何となくスローの前にやっているだけではないでしょうか。「シャドウ」は実は、スローを安定させる、最短で上達するうえで、 重要な要素を持っているのです。あなたに「シャドウ」の重要性と、最短距離で上達させるための活用方法をお伝えします。

伸び悩んでも大丈夫!迷わない!これを知れば無駄な時間が減る

「伸び悩み」あなたも間違いなく経験しているはずです。この「伸び悩み」の時期をどう工夫して練習するかで、上達のスピードが変わるのです。「伸び悩み」はあなたの成長が止まっているわけではありません。 「伸び悩み」の本質を理解し、それに即した練習をすることで、少ない時間で短期間に上達することが可能です。

レーティングの危険性を知り、上手な付き合い方をすれば短期間に上達

「レーティングが邪魔をして上達が遅くなっている」この事実をご存じでしょうか。僕は、他のプレイヤーをたくさん見てきて「レーティング」が悪影響を及ぼして、上達が遅くなっている人をたくさん見てきました。 しかし、レーティングは「上手に付き合う」ことで、逆に上達の妨げではなく、上達スピードを速めてくれる材料になります。「レーティングを活用して最短距離で上達する方法」をお伝えします。

「3本目」あなたはしっかり投げていますか

「三本目」実はかなり重要です。三本目の投げ方を変えるだけ、それだけで無駄な練習時間が減り、少ない時間で効率的に上達することができます。「最短距離で上達させるための三本目の投げ方」をお伝えします。

目標は数字やレーティングではだめ

「今月までにレーティングを○にする」「夏までにカウントアベレージ○点達成」という目標を立てて日々練習に励んでいる方がとても多いですが、これよりも、もっと良い目標の立て方があります。 この目標を立てれば、モチベーションが一気にアップして、上達までのスピードが一気にアップします。「上達スピードアップの目標の立て方」をお伝えします。

「練習が飽きてきた」その時の練習方法。

練習を長時間継続すると「飽きる」という気持ちがやってくる場合が多いです。その時には練習の方針転換が必要です。実は、そのまま投げ続けては上達は遅くなるのです。 「飽きてきた」と感じた時に、練習方法を変えることで、無駄な時間が大幅に減ります。それにより、少ない時間で短期間に上達するのです。その「飽きてきた時の練習法」をお伝えします。

「疲れた」時の練習方法。

「疲れた」時の練習方法があります。これは非常に重要です。これを間違えて、そのまま同じ練習を続けてしまうと、上達が非常に遠回りになるばかりか、自分のフォームにも良いことがありません。 逆に、疲れた時の練習方法を知れば、無駄な時間が大幅に減ります。それにより、少ない時間で短期間に上達するのです。「疲れた」時の練習方法の変え方をお伝えします。

疲れるまで練習したほうが「フォームが安定、確立する」その理由。

あなたは練習を「疲れた」と思えるまで練習しているでしょうか。もし途中で中断したり、時間を決めてやっている場合は要注意です。実は、練習は「疲れるまでやったほうがいい」のです。 それは、様々な理由があるのですが、一つの大きな要素として「フォームが安定、確立する」ということが言えます。その理由と練習方法をお伝えします。

リズムを一定にするには。

「リズムを一定にして投げましょう」よく言われていることですが、場合によっては入らなくなるばかりか、上達まで遠回りをしている可能性があります。 「リズムを一定にしてなげる」ことよりも、もっと重要な投げ方あります。その投げ方をすれば「自然にリズムが一定になり、安定する」のです。その投げ方をお伝えします。


DVDの内容の「一部」を紹介しました

今まで色々悩んで、試行錯誤を繰り返し
いくら練習しても上達しなかった方が

この練習方法知れば、様々な迷いが消えて
最短距離でダーツが上達するでしょう

ある意味、練習してもダーツが上達しないか
少ない練習で上達するかは

「知っているか」「知らないか」

の違いだと思います

プログラムをお渡しする前に、あなたにお聞きします

あなたは本気でダーツを上達させたいと思っていますか?
そうでないなら、今すぐページを閉じてください

冷やかしや、軽い気持ちの方ではなく
本気の方にだけ、提供したいと思っているからです

「知野選手、私は本気でダーツを上達させたいと思っています」

「でも、DVDは高いんですよね?」

はい

僕がプロとして活躍するまでに培った、自信のある練習法です
ダーツで生活している僕は、絶対に安売りはしたくありません

それだけの時間と技術が要求されるので当然です
ちょっと上手いだけの人のアドバイスとは訳が違います

ですので、本音を言うと、このDVDは最低でも
5万円程度の値段を付けたいと思っています

しかし、このホームページを開設し、いち早く見つけて頂いた
あなたにだけ、初回限定で以下の価格にさせて頂きました



ダーツ上達,練習法「知野真澄式」DVD 商品イラスト

ダーツ上達,練習法「知野真澄式」

DISC1「練習法」107分
DISC2「フォーム解説とスロー動画」16分
小冊子33ページ

通常価格29,800円→初回限定価格 12,800円
(送料無料)



全額~半額キャッシュバックキャンペーン実施中


まずはDVDをご購入し、小冊子を含め、全てご覧ください。DVDと小冊子の内容の感想を、400文字「手書きで」書いて 弊社までお送り下さい、半額の5,000円キャッシュバックさせて頂きます。その後、レーティングがアップしましたら400文字の手書きの感想文と上達するまでのレーティングの画像と、上達した後の画像をお送り下さい。追加で5,000円キャッシュバックさせて頂きます。詳しい応募方法は、DVD同封の資料に記載しています※このキャンペーンは先着10名様のみとなります。 応募したい方は、お急ぎください。

よくある質問

値段の価値はありますか・書店に売られているDVDよりも高く感じます。買ったけど、内容が大したことなかった、と損はしたくありません。

今回のダーツDVDは大きなトーナメントの映像や、スロー動画がメインではありません。あくまで「上達」にしぼった内容です。見て楽しむダーツDVDを期待している方は購入をご遠慮下さい。しかし、ダーツを上達させたいと思っているならば、値段分の価値は

この練習方法をやれば、全ての人が絶対に必ず100%が上達しますか

いいえ、僕は決めつけが嫌いです。全ての人が絶対に必ず100%上達する保証はできません。他の、全ての人が絶対に必ず100%上達する練習方法を試して下さい。しかし、そのような結果が出るように、DVDの収録はしました。

自分はダーツのセンスがないと思います。友達やお店の人にも「お前はダーツのセンスがない」と言われてショックを受けています。そんな自分でも大丈夫でしょうか。

はい、もちろんセンスのいい人は簡単に上級者になれてしまいますし、自分の周りにもそういう人はいました。しかし、上達するには練習と練習方法だと思っています。僕自身も最初は全くダメでしたので、もしかしたらセンスがなかったのかもしれません。僕の練習方法を身につけ、練習をしていけば、センスの良い人でも勝つことができると思っています。

練習方法は難しいですか。何か技術的に難しいことをしたり、特殊な技能が必要だったりしますか。

いいえ。もしそんな練習法だったら、僕も今頃プロになっていないと思います。特殊な技術は必要ありません。難しいことはありません。とてもシンプルな内容になっています。

結局は机上の空論ではないですか。知野選手はこの練習法を他の人に当てはめて、実際に上達しているのですか。

はい。プロとしての立場になると、色々な人に「教えて下さい」と言われるようになります。その度に僕は、今回の練習法を多くの人に伝えてきました。そして、実際にお伝えした多くの人が「上達した」「とても参考になった」と喜んで頂いています。決して「自分がこれで上達したから、これをやれば上達する」という内容ではありません。

一日何時間も練習しなくてはいけないような内容ですか。自分は仕事をしていて、毎日何時間もダーツの練習をする時間がありません。

むしろ、効率的な練習法が身に付くので、ダーツの練習時間が減る可能性があります。今まで、上達しない無駄に浪費していた練習時間を削ることができるからです。

ダーツを始めたばかりの初心者ですが、大丈夫ですか。

そんな方にこそ今すぐ見て頂きたいです。初心者の段階でこのDVDに出会ったあなたはとてもラッキーです。ある程度ダーツを投げた人にしかできない内容ではありません。最初にこの練習方法を身につけていれば、それこそ僕のように、半年足らずでAフライトも夢ではありません。

自分はすでにAフライト目前~Aフライト以上です。そんな自分は、練習量を増やすだけで、今回のDVDは役に立たないのではないでしょうか。

確かに、上級者以上になればなるほど、練習量が物を言う世界になります。勝負の場面では、場数です。しかし、僕もAフライト以上の方にも教える機会がありますが、上級者でも意外とこの練習法を知らない方が多いです。この練習方法を知らないために、無駄な練習時間を浪費しているのです。Aフライト以上の方でも、知らない練習方法があるはずです。今回は勝負面でのメンタルに関してはあまり言及しませんでした。しかし、この練習法を知っているだけでも、メンタル面に良い影響があるはずです。

フォームを変える必要がありますか。グリップやスタンスなど、今の投げ方を変える必要がありますか。

こういった質問が出てくるということは、すでに遠回りしている確率が非常に高いです。フォームに疑問を持っている方は、ぜひこの練習方法を身につけて下さい。自分のフォームが最短距離で見つかり、最短距離で上達すると思います。

バレルを変える必要がありますか。

この疑問を持っている方も、遠回りしている可能性が非常に高いです。もちろん、バレル変える必要はありません。

他にお金が必要ですか。自分はお金があまりないので、他にお金がかかると困ります。ダーツバーはお金がかかるので、いつもマンガ喫茶や自宅で練習しています。それでも大丈夫ですか。

色々な理由から、一人で練習するだけでなく、誰かと交流しながら練習をした方が良いです。(その理由は小冊子やDVDで解説しています)。しかし、絶対にダーツバーに行かなくてはいけないというわけではありません。今回の練習法は自宅でも、マンガ喫茶でもダーツバーでもどこでも実践ができますので、問題ありません。

しっかりターゲットを見て投げましょう、グリップはしっかり持ちましょう、力まずリラックスして投げましょう、といった一般的に知られている内容ばかりではないですか。以前同じような内容のDVDを買って、中身は大したことがない、誰でも知っている内容ばかりで、損をしました。今回も心配です。

もちろん、基礎的な内容も一部ありますが、あなたが僕の今回の内容を絶対に全て知らない、と保証することはできません。しかし、プロの立場として、多くの人を教える時に「そんなこと知っていますよ」など言われたことがありませんし、上級者同士の会話でも「なるほど」と言われたりします。上級者でも見落としがちな部分であると思っています。

他の雑誌や本やYoutubeの動画などに出ている内容ですか。今回のDVDを買わなくても、検索すれば済みますか。安い雑誌などを購入すれば載っていますか。

いいえ、今回の内容は、DVDを購入して見ることでしか、知ることができません。

このDVDを見ても上達しない人と言うのはいますか。例外や適応外の人はいますか。

はい。残念ながらあります。それは、DVDを見ただけで実践しない人です。DVDを見て実践してもらえれば、必ず上達するように集録をしましたが、さすがに全く練習をしないで上達させることは、僕にも不可能です。

自分の疑問に思うことを、ここで見つけることができませんでした。自分の疑問に思うことがありましたが、同じ質問を問い合わせしたいです。

はい。こちらからどんな小さなことでもお問い合わせください。24時間受け付けています。


ダーツ上達,練習法「知野真澄式」DVD 商品イラスト

ダーツ上達,練習法「知野真澄式」

DISC1「練習法」107分
DISC2「フォーム解説とスロー動画」16分
小冊子33ページ

通常価格29,800円→初回限定価格 12,800円
(送料無料)



最後に、知野真澄から

僕は負けず嫌いです

今回のDVDも

他の上達法DVDに負けたくないという思いで
妥協をせず、真剣に制作をしました

どの上達法DVDにも負けない自信があります

ここまで読んでくれたあなたは、もしかしたら
まだ「本当に自分でも上達するのか」と疑問に思っているかもしれません

しかし
迷いはあなたを何も変えてくれません

このDVDをきっかけにして
一人でも多くのダーツ上級者が誕生することを願っています




HOME | 自己紹介 | 開発秘話 | ダーツ上達,練習法「知野真澄式」 | よくある質問 | お申し込み
プライバシーポリシー | 会社概要 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合わせ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。